TOPBODY|加圧トレーニング

TOPBODY | パーソナルトレーナー松村洋克オフィシャルサイト

Designed by IZMS

ホームホームプロフィールプロフィールパーソナルトレーニングパーソナルトレーニング加圧トレーニング加圧トレーニング体験者の声体験者の声料金プラン料金プランお問い合わせお問い合わせ

HOME > 加圧トレーニング

加圧トレーニング

加圧トレーニングとは

加圧トレーニングは、腕と脚の付け根を専用のベルトを使って締めながら行う、トレーニングのことです。もともとは、発明者の佐藤義昭氏が、40年もの時間をかけて、筋力アップのために考え出した方法でした。研究を進めるうちに、成長ホルモンの分泌が増えて、脂肪を燃焼させたり、肌の弾力を高めたりするなど、ダイエットやアンチエイジングの効果があることも分かってきました。

ベルトで締めるといっても、もちろん血が通わなくなるほどきつく締めるのではなく、適正に腕や脚を締めます。適正に締めると、腕や脚で血液が滞留するため、行き場を失った血液は、今まで流れていなかった毛細血管にも流れ、血流がよくなります。また血液の滞留によって、成長ホルモンの分泌が促され、筋力アップを始め、ダイエットや美肌の効果が現れます。

加圧をしながらトレーニングをすると筋肉は、軽い負荷であっても、激しいトレーニングをしていると勘違いをします。そのため、加圧トレーニングでは、軽い運動で、筋力をアップさせることができるのです。加圧後には、血行が良くなるので、目の下のクマがなくなったり、冷え性や肩こりなどが改善することもわかってきました。

現在、加圧トレーニングの研究は、東京大学医学部附属病院の22世紀医療センター内に開設された「加圧トレーニング・虚血循環生理学講座」で研究が続けられています。また、医療機関でリハビリに加圧トレーニングを応用したり、宇宙飛行士の筋力低下などを防ぐためにJAXA(宇宙航空研究開発機構)とも共同研究が進められています。

加圧トレーニングのメカニズム

加圧トレーニングは、軽い運動で大きな効果が得られることがわかってきたと思いますが、では、そのメカニズムはどうなっているのでしょうか? 東京大学石井直方教授らの研究などから、効果的なトレーニングをするために、加圧トレーニングのメカニズムをご紹介します。

1. 加圧によって、筋肉に乳酸が蓄積

加圧トレーニングを行うと、疲労物質である乳酸が溜まってきます。しかし、腕や脚の血流を加圧ベルトで適度に阻害しているため、乳酸は出るところを失い、筋肉の中にどんどん蓄積されていきます。

2. 成長ホルモンが多量に分泌

溜まった乳酸は、筋肉にある、刺激を受け取る細胞である受容体を刺激します。脳は、刺激を受けて損傷した受容体を再生するために成長ホルモンを多量に血中に分泌します。そのときの成長ホルモンの血中濃度は、なんと通常のトレーニングの約10倍、安静時の290倍にもなります!

3. ダイエット・アンチエイジングに大きな効果

血液にのって全身に多量の成長ホルモンが運ばれると、脂肪細胞に作用して、脂肪を分解したり、体の老化を遅くしたりします。また、成長ホルモンには、美肌効果や骨粗鬆症の働きもあると言われています。


加圧トレーニング5大効果

【 ダイエット 】

加圧トレーニングを行うと増大する成長ホルモンによって、太りにくい体になります。また、トレーニングによって筋肉が増えると、脂肪が燃焼しやすい体になります。

【 血行促進 】

加圧と除圧を繰り返すことで、血管に弾力がよみがえります。血行がよくなり、血流量も多くなるので、新陳代謝が活発になります。
冷え性や肩こりなどの不調を改善します

【 回復力アップ 】

加圧をすると骨折や肉離れ、ねんざなどのケガの回復が早くなるという研究データがあります。成長ホルモンによって、筋肉や人体の修復が早まると考えられています。

【 筋力アップ 】

軽い負荷で高い効果が得られるので、トレーニングを続けやすいのが特徴です。さらにケガなどもしにくいので、老若男女だれでも実践できます。

【 若返り・美肌 】

加圧をすると通常の約290倍もの成長ホルモンが分泌されたという研究結果が出ています。成長ホルモンは、肌のハリやツヤを取り戻し、脂肪のつきにくい体にしてくれます。

加圧トレーニングの風景加圧トレーニングの風景